屋根・外壁塗装

 屋根・外壁の塗替えが必要な理由

一つ目は、塗料の膜で雨水などの外気から建物を守ることです。屋根や外壁は塗装をすることで、建物を雨風や紫外線から保護しています。屋根や外壁が経年劣化や外的要因によってダメージを受けると塗膜が剥がれたりひびが入ってしまい、そこから雨水などが侵入して、建物内部の梁などを腐食させてしまいます。しかし、塗替えを行うことで、防水機能を強化し、建物の耐久性を延ばすことが出来ます。

二つ目は、建物の見た目をキレイにすることです。築10年も経てば、色褪せや汚れが目立ってきます。塗装をすることで、新築のような輝きを取り戻すことが出来ます。

 

 塗装が必要な屋根材

すべての屋根に塗装が有効かというとそうではありません。屋根材の種類によって、塗装が必要な屋根とそうでない屋根があります。

 塗装が必要な屋根
厚型スレート瓦(セメント瓦)
モニエル瓦
化粧スレート(コロニアル・カラーベスト)
トタン
ガルバリウム鋼板
 塗装が不要な屋根
粘土瓦
日本瓦

 塗替えのタイミング

初めての塗替えの場合は築後7〜10年くらいが目安です。 しかし、耐久年数はお家が建っている場所、立地条件によってもかなり変わってきます。例えば、方角で言いますと、北側と南側では劣化の度合いが全然違います。なぜかと言うと、日光(紫外線)の当たり方が全然違うからです。また、海に近い場所は潮風の影響で傷みやすくなります。

 まずはご自宅の屋根や外壁をチェック!

ここでは、代表的な塗替えのサインをご紹介します。

色褪せ ★
色褪せ
チョーキング現象
チョーキング現象
藻や苔 ★★★★
藻やコケ
外壁のヒビ割れ ★★★★★
ひび割れ(クラック)
シーリングの劣化 ★★★★★
シーリングの劣化
塗膜の剥がれ
塗膜の剥がれ

上記の症状は、全て劣化のサインです。そのまま放置していると内部まで腐食してしまい、塗装だけでは対応出来ず、工事費用が余計にかかってきてしまいます。そうならないように、必要であれば塗り替えをすることが大切です。

塗替えが2回目、3回目の塗替え時期は、前回使用した塗料によっても異なります。塗料は大きく以下の4つの種類にまとめることができます。

塗料特徴耐久年数価格
フッ素樹脂塗料耐久性が非常に高い。一般家庭ではあまり使われない。15~20年高い
シリコン樹脂塗装耐久性が高く、汚れにくい。コストパフォーマンスに優れ、よく使われている。12~15年やや高い
ウレタン樹脂塗料価格、性能のバランスがいい。使いやすく、細かい塗装にも適する。7~10年標準
アクリル樹脂塗装耐久年数は短く、耐久性も劣るが、価格が安く、経済的。5~8年安価

 

塗装施工事例

Before

福岡市東区 H様邸の屋根・外壁塗装工事をさせていただきました。

After

久留米市M様邸 外壁塗装

Before
Ahter

無料診断・無料見積り受付中!

お電話でのお問い合わせはコチラから

受付時間:9:00~18:00

092-405-5960

 屋根と外壁の塗装は同時に行うと安くなる!

屋根と外壁の塗装を同時に行うとお得だと言われているのには理由があります。それは、足場代が二重でかからないからです。

例えば、一度の塗装で足場代は10万円〜からかかります。屋根と外壁の塗装を別々に行うとすると、最低でも10万円×2となり20万円となります。

しかし屋根・外壁を同時にすれば足場を一度しか組む必要がないので、10万円〜で済みます。

建物の大きさが大きかったりすればその分、足場の金額も高くなっていくので、一度の塗装で全てを塗装することが費用を抑える方法でもあります。